ご来院される症状

症状のトップ3は、腰痛・肩こり・頭痛ですが、他にも、五十肩、めまい、不眠症、腱鞘炎、スポーツ障害などお身体のあらゆるトラブルでご来院頂いております。

1位:腰痛

当院にお越しの症状で最も多いのが、この腰痛。症状は様々で、ぎっくり腰に見られる急性のものから、日々の積み重ねからくる慢性腰痛まで幅が広いのも特徴です。腰痛の原因は大まかに分けると次の4種類になります。

骨や筋肉の障害による痛み
神経の障害による痛み
精神的ストレスによる痛み
内臓の病気による痛み

それぞれに痛みの状態や出かたは異なりますが、放っておいて改善するものではありませんので、早めの調整が必要です。

2位:肩こり

猫背やスマホの使い過ぎ、仕事で一日中パソコンを使うなど現代は肩こりを起こしやすい要因がいっぱいです。肩こりの原因は大まかに分けると次の4種類。

筋肉疲労によるもの
くびの骨や、血管・神経からくるもの
かみ合わせ、アゴの関節のからくるもの
くびや胸にある臓器からくるもの

あまり肩こりがひどくなりすぎると、奥歯の痛みや眼精疲労、辛いの頭痛などの関連症状に連動します。忙しいを理由についクイックに対処しがちですが、根本からしっかりと原因を解消していきましょう。

3位:頭痛

だれしも経験のある頭痛ですが、原因を大まかに分けると次の4種類。

緊張型頭痛
片頭痛
群発頭痛
くも膜下出血、脳腫瘍

特に多いのが、緊張型と片頭痛のミックス型です。スマホや長時間のデスクワークなど、首や肩の筋肉の使い過ぎから頭痛になります。ストレスや疲労、ホルモンバランスの不調からも頭痛のなりますので、全体の調整が必要です。お薬に頼らない体に改善しましょう。

untitled-infographic (8)

ご来院される年齢層

40代以上が8割と多くを占めています。なかでも、高齢者の割合が年々増えてます。
ここ数年では、最高のコンディションで受験にのぞむため、小中学生のご来院も多くなっています。
untitled-infographic (5)

ご来院される男女比

男性に対し女性の方が多くなっています。
これは仕事の関係もあると思いますが、女性のほうが体に関して、細かなケアをされる方が多いように思います。
untitled-infographic (6)

ご来院される年齢別男女比

若年層は、スポーツでのトラブルや受験でのストレスが多いです。
働き盛りの男性の割合が少なくなっています。
中高年になるほど女性の健康への関心が高くなるようです。
高齢者は男女ともに、健康を維持するための定期的な調整が必要です。
画像の説明

a:1126 t:1 y:1