ご来院される症状

腰痛
当院にお越しの症状で最も多いのが、この腰痛。
症状は様々で、ぎっくり腰に見られる急性のものから、日々の積み重ねからくる慢性腰痛まで幅が広いのも特徴です。腰痛の原因は大まかに分けると次の4種類になります。

・骨や筋肉の障害による痛み
・神経の障害による痛み
・精神的ストレスによる痛み
・内臓の病気による痛み

それぞれに痛みの状態や出かたは異なりますが、放っておいて改善するものではありませんので、早めの調整が必要です。

肩こり・頭痛
猫背やスマホの使い過ぎ、仕事で一日中パソコンを使うなど現代は肩こりや頭痛を起こしやすい要因がいっぱいです。まず肩こりの原因は大まかに分けると次の4種類。

・筋肉疲労によるもの
・くびの骨や、血管・神経からくるもの
・かみ合わせ、アゴの関節のからくるもの
・くびや胸にある臓器からくるもの

あまり肩こりがひどくなりすぎると、奥歯の痛みや眼精疲労、辛いの頭痛などの関連症状に連動します。
その頭痛ですが、原因を大まかに分けると次の4種類。

・緊張型頭痛
・片頭痛
・群発頭痛
・くも膜下出血、脳腫瘍

特に多いのが、緊張型と片頭痛のミックス型です。
頭痛は、ストレスや疲労、ホルモンバランスの不調からも起きますので、全身の調整が必要です。

忙しいを理由につい手軽に対処しがちですが、肩こり頭痛は根本から原因を解消し、お薬に頼らない体に改善しましょう。

画像の説明

肩や手首、股関節に膝関節など、全身のあらゆる関節で痛みを伴い動きに制限がかかります。
原因は、スポーツ等の運動障害や加齢によるもの、リウマチなどの免疫疾患など多岐にわたります。
来院される代表的な関節の症状は、以下の通りです。

・顎関節症
・肩関節症
・肘関節症
・股関節症
・手根関節症

関節の痛みは、そこに負担をかけている原因を取り除かないと再発したり、慢性化したりします。
例えば、手首の痛みは肘と肩の動きが原因しているといった具合です。

画像の説明

体に繰り返し負担をかけ続けた結果、筋肉や関節に機能障害が起きるものです。体を休めず動かしたり、異常な負荷で運動をした場合に故障につながります。
代表的なものとしては、以下の通りです。

・足首の捻挫
・こむらがえり
・ふくらはぎやハムストリングの肉離れ
・各関節の靭帯損傷
・オーバーユースによる筋肉の損傷

スポーツ障害は、受傷後の早い段階で調整を行わないと、後遺症が残ってしまうことがあります。
特に成長期におけるスポーツ障害は、そのスポーツそのものが出来なくなる恐れがありますので注意が必要です。

画像の説明

意外と思われるかもしれませんが来院される方には、音楽や芸術などの分野の方も多くいらっしゃいます。
その道のプロの方は、やはり万全のコンディションでないと最高の表現が出来ないので常にメンテナンスで来られます。
ジャンルとしては以下の通りです。

・ピアニスト
・トランぺッター
・バイオリニスト
・フルーティスト
・ドラマー
・書道家
・声楽家
・陶芸家
・画家
・演出家

音楽や芸術関係のプロの方は、とても繊細な感性をお持ちで、体の微妙な不調が表現力に直接影響する事を知ってます。
当院は、これらプロの方の細かな要望にも応えることができる施術を行っています。

ご来院される年齢層

40代以上が8割と多くを占めています。なかでも、高齢者の割合が年々増えてます。
ここ数年では、最高のコンディションで受験にのぞむため、小中学生の来院も多くなっています。また、成長期に好発するシンスプリントやオスグッド病、不良姿勢、クラブ活動での故障などでも来院されています。
untitled-infographic (5)

ご来院される男女比

男性に対し女性の方が多くなっています。
これは仕事の関係もあると思いますが、女性のほうが体に関して、細かなケアをされる方が多いように思います。
untitled-infographic (6)

ご来院される年齢別男女比

若年層は、スポーツでのトラブルや受験でのストレスが多いです。
働き盛りの男性の割合が少なくなっています。
中高年になるほど女性の健康への関心が高くなるようです。
高齢者は男女ともに、健康を維持するための定期的な調整が必要です。
画像の説明

a:1310 t:1 y:4