からだのゆがみを正しく理解しましょう

からだが歪むのはなぜ?

体内の骨格が歪むことで、からだの表面がゆがんで見えるようになります。 ところが骨格は、それ自身ではゆがんだり姿勢を保ったりすることはできません。では骨格を支えているものは何でしょう・・・ それが、筋肉や靭帯なのです。つまり、からだがゆがんで見える原因は、骨格を支える筋肉や靭帯のバランスが崩れ、正しく機能していないために起きることです。

それでは、筋肉が正常に働かないとどうなるのかをイメージ図をもとに説明します。図は背筋、背骨、骨盤を簡略化したものと考えて下さい。

まずAの状態は、左右の筋肉が均整がとれた状態で骨格のゆがみもありません。続いてBを見ていきましょう。Bの場合、右側の背筋に緊張が見られ背骨を右に引っ張っているのが分かります。結果はからだが右にゆがんでいる状態になります。最後にCを見てみると、同じように体は右にゆがみ背骨も右に曲がっていますが、背筋はどうでしょう。今度は、右の背筋は正常で反対の左の背筋の筋力が弱った状態を表しています。BとCのように、からだ同じ右側にゆがむと言っても背筋の働きはまるで違ってきます。ゆがみの調整では、この筋肉の状態を見極めることが重要になってきます。

からだが歪むとどんな影響がでるのか

  • 一部の筋肉に無理な力がかかり続けることで、筋肉が固くなりコリや痛みを感じます。
  • 関節に無理な力が加わると、水が溜まったり痛みが出て動かせなくなることもあります。
  • 筋肉が固くなり 神経を圧迫すると、そこから先にしびれや痛み、むくみ等が出やすくなります。
  • 血管やリンパ管が圧迫されて老廃物や痛みの物質が溜まり、疲労がや痛みがなかなか取れにくくなります。
  • ねこ背などのように、不良姿勢により内臓が圧迫され、機能低下を招くことで、いろいろな病気の元になります。

現在社会では、同じ姿勢で長時間椅子に座っての作業や、スマートフォン、携帯ゲーム機など、からだをゆがめ体調をさらに悪くするきっかけにあふれています。

からだのゆがみに対する間違った認識

ゆがみに気を付けるために普段やっていることが、実はかえってからだに負担をかけていることがありますので気を付けましょう。

姿勢は正しく美しく

ダンサーやモデルのような、胸を張った立ち方が正しいと考えている方はご注意を。あの姿勢は、医学的に見るとかなり無理があります。美しく見せるために、意識して姿勢を作るため他の筋肉の無理な緊張を強いる結果、腰痛などの症状を悪化させる方がいます。元々、からだがゆがんで姿勢が悪くなっているのに、ゆがみを直さず姿勢だけを正そうとしても体が辛くなるのは当然です。

やっぱり筋骨隆々がいい!?

当院でいちばん腰痛を持っているのが、いわゆるスポーツマンと呼ばれる方達です。ボディービルでムキムキの筋肉を持っているのに、頭痛と腰痛に悩まされている例もあります。つまり、筋肉のバランスと使い方の問題で、筋肉量は問題ないのです。細身の方でも、ゆがみのない姿勢の方は沢山いらっしゃいます。

マッサージは効果的か?

なにも考えずに、筋肉を押したり揉んだりするのは逆効果です。ゆがんでいる原因の筋肉をチェックし、過緊張なのか筋力不足なのかを見極めてマッサージを行うようにしてください。

ストレッチやヨガはゆがみにいい?

マッサージと同様、からだや筋肉の正しい知識を持った施術者であれば改善効果は期待できます。怖いのは、インターネットや雑誌などを見て自己流で行うストレッチやヨガは、余計に症状を悪化させますのでご注意下さい。

関連記事

  1. 寝ていても座っていてもつらい梨状筋症候群

  2. テニス肘とゴルフ肘

  3. 経過観察と言われた脊椎側弯症、娘が気にする年頃に

  4. 顔を洗っていて寝違えた

  5. 朝一番、手が痛くて握れない、杖や歯ブラシを使うのも困難。

  6. 断られ続けた妊婦さんの腰痛

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。