顔を洗っていて寝違えた

あたまは重い

寝ている時ばかりでなく、顔を洗っているときに鏡を見ようと顔をあげただけで寝違えたり、肩から重たいカバンを降ろした後に寝違えたりします。他にも、新しい寝具にしたため体がなじんでいない時や、パソコン作業で首を長時間固定したあとにも寝違えます。例えると、「ぎっくり首」といってもいいくらいです。

寝違えが起きると、首を動かすことが痛みで困難になり日常生活すべてに影響が出てしまいます。そして、痛みは肩から後頭部にかけて広がり、ちょっと動かすだけで電撃を受けたように感じます。「あたまってこんなに重かったっけ?」と感じる瞬間です。当院で扱う寝違えのほどんどが「肩甲挙筋」と呼ばれる筋肉が原因でおきています。

主訴

34歳女性。二人の子供をおぶって階段を往復し、最後に重い荷物の入った袋を持ち上げようと背中をそらしたとき首に激痛がはしった。それからは、上を向くことも左右に回すことも出来ず、日々の動作に加えて車の運転に支障がでて困っている。

初検

右に首をまわそうとすると、左前の張りと右側の耳の後ろから肩甲骨の内側にかけて痛みが走る。首の左右の回旋、伸展はほぼ無理。おじぎはなんとができる。仮調整で、肩甲挙筋の停止部のあたりをPmam(浅筋膜調整)を行うと、ほぼ痛みが消失し首がスムースに動くことが確認できた。

施術

一旦、キネクションテーピングで僧帽筋(上)と肩甲挙筋を補助し、痛みで硬くなったからだの調整を行った。その後頸椎調整と肩甲挙筋をPmamにて調整。その後、テープをはずし首を動かす動作では痛みが感じられないので施術は終了。

術後

肩や、首に負荷をかけた時のストレッチ指導と、寝違えのメカニズムを説明。寝違えは、ある程度はセルフケアが出来る症状なので、いざという時のケア方法を覚えてもらった。患者さんは終始不思議そうに「なんで、ほとんど触ってないのに痛みが消えるの?」と何度も感心されてました。

  • 肩甲挙筋について

肩甲挙筋

首の曲げ伸ばしや回転時に働きます。他にも肩をすくめる動作でも使われます。頸椎の1~4番の横突起に始まりねじれて肩甲骨に付きます。この筋が故障すると、同じところを走行する腕神経に影響を与えます。

浅筋膜と深筋膜の調整についてはこちらを参照ください。

関連記事

  1. テニス肘とゴルフ肘

  2. 追いかけっこ、翌日に股関節が痛くて足があがらない

  3. 産後の骨盤矯正は必要ですか?

  4. 世の中が便利になると起きる腰痛

  5. くりかえすぎっくり腰~魔女の一撃

  6. 長く座っていると足が抜けそうな疼痛が起きる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。