産後の骨盤矯正は必要ですか?

女性を不安にさせるイメージ商法

結論から言うと「痛み」がなければ必要ありません。人間は何万年ものあいだ、出産を経験してきました。それが、ここ数年で産前産後のケアと呼ばれるようになり、新米ママの不安をあおっているように思います。
当院の患者さんの中にも、出産後1ヶ月ほどで産後ケアとして骨盤調整を依頼される方が少なからずいますが「痛みがないなら大丈夫です、安心して養生してくださね。」と、その理由を簡単に説明し気持ちも楽に育児にがんばって頂いています。

確かに妊娠中から靭帯や筋肉をゆるめるリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されますが、骨盤がガバガバにゆるむほどの状態にはなりません。わずかにゆるむといっても座骨が少し開くだけで、赤ちゃんは開いたといってもそのすき間では通過できないので、頭を変形させながら後はお母さんの踏ん張りで産道を通っていくのです。出産直後に座骨は元の位置にもどり、ホルモンのリラキシンは急速に減少します。それと同時にゆるんだ骨盤も1ヶ月程度ですっかり元に戻ります。後は半年ほどで出産時に無理をした骨盤周辺の筋肉や、内側の骨盤底筋群の修復が自然に行われ次の出産にそなえます。つまり、何もしなくても自然がちゃんと元通りにしてくれるのです。

一人歩きするイメージ

一般に骨盤が開くといったら、イラストのような恥骨がはなれ骨盤も蝶の羽のように開くイメージを持たれているのではないでしょうか。仮にそうなったら、それは「不安定骨折」と呼ばれかなり大変な事になります。お母さんの体重を支え赤ちゃんを衝撃から守る骨盤が、そんなにやわであるはずがありません。実際には、仙腸関節と恥骨結合が少し柔らかくなり、出産時にのみ座骨が開くだけです。後産のあとあっという間に元に戻ります。

恥骨や股関節がいたむ

中には、妊娠期間中から産褥期にかけての骨盤痛(恥骨痛や股関節痛)で「立っていられない」「歩くのがつらい」などの症状を訴える方もおられます。これらの痛みは、ホルモンの影響や育児の不良姿勢から骨盤周辺の筋肉に負担がかかった結果起きるもので骨盤が開いたり閉じたりしたものではありません。産後1ヶ月は、出産で疲れた体を回復させるためにゆっくりと過ごす大切な時期です。産後しばらくは部分固定と、軽いストレッチなどの運動療法がおすすめです。産後の骨盤周辺の不快は痛みは1か月ほどで消えるものですが、それでも痛みが取れないようなら骨盤を含め全身の調整が必要になりますのでかかりつけの先生にお願いしてみましょう。

関連記事

  1. 追いかけっこ、翌日に股関節が痛くて足があがらない

  2. テニス肘とゴルフ肘

  3. 産後の骨盤(恥骨)痛

  4. くりかえすぎっくり腰~魔女の一撃

  5. 嘘?本当?小顔矯正と骨盤矯正

  6. からだのゆがみを正しく理解しましょう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。